妊活におすすめのサプリ|葉酸を含んだ製品をしっかりセレクト

婦人

妊婦の運動とカロリー

お腹

妊婦は栄養状態に気をつけて生活をすることが求められます。お腹の中にいる胎児が、どのように育つかは妊婦の生活も大きく関わってくるといえるからです。一方で、妊娠していると運動やカロリーバランスはどのようにすれば良いのか気になるものです。産婦人科からの指導では、カロリーコントロールが言い渡されることがありますので、そういった注意点もしっかり確認しましょう。また、臨月になった状態での旅行はだいたいの人が禁止されます。出産を外出先でしなければならなくなった場合、受け入れる病院が情報をそれまで得ていないことになるので、大変危険な状態で出産することになるからです。

では、あまり動くことができない妊婦にとって、どの栄養をよれば良いのか、カロリーはどの程度まで抑えるべきなのかそれは困ってしまう問題です。妊娠末期と妊娠初期では摂取する栄養量は変わってきます。まず、運動をしない場合は普通の人なら1800キロカロリーの摂取が求められます。妊娠中期ならそれからプラス250キロカロリーの摂取を行なう必要があります。運動をする場合は活動レベルがあがり、基本摂取カロリー量が2200キロカロリーになりますので、妊婦はそれからプラスします。あまり運動しないのも身体によくありませんので、これらを参考にして栄養をとるようにしましょう。必要な栄養素としては、鉄分です。胎児にも血液を供給しなければなりませんので、鉄分はしっかりとるようにして健康を保ちましょう。また、赤ちゃんの骨づくりのためにカルシウムも摂ると良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加